×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フィラリア 犬の症状・治療・予防

フィラリアの症状とは

フィラリアって、ご存知でしょうか。フィラリアのことを詳しく知らなくても、ペットを飼っている人なら、一度は聞いたことがある名前だと思います。とくに犬をペットにを飼う人には知っておいていただきたいとても怖い病気の原因である虫の名前です。「フィラリア(filaria)」は寄生虫の名前です。犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫です。フィラリアの寄生による疾患をフィラリア症(filariasis)といい、蚊によってうつる犬にとって、最も恐ろしい病気の一つです。人間も蚊に刺されると感染するのですが、人間の白血球は、フィラリアは人間より強い為、人間の体内で成長することはできません。

フィラリアの別名は、犬糸状虫と言われています。つまりフィラリアとは蚊によってうつされる、恐ろしい寄生虫のことです。フィラリアの成虫は、そうめんのように、細く長い虫であることから、この名前が付いています。フィラリア感染症とは、フィラリアが成虫になり、犬の心臓に住み着いた状態をいい、様々な症状を引き起こします。

フィラリアに感染すると、血液中で成長した寄生虫が、心臓に住みつきます。フィラリアの成虫は15センチから20センチに成長し、血液の流れを悪くします。それによって、心臓の負担だけでなく、呼吸困難や貧血を起こし、次第に腹水までたまるようになり、死に至ります。

愛犬がフィラリアに感染すると、荒い息をしていることがよく見受けられたり、運動をしていなくても、がぶがぶと水を飲んだり、突然ふらついてへたり込んでしまったりすることもあります。フィラリアは心臓にたどり着くまでに、犬から栄養を吸収するので、食欲は変わらないのに、痩せていく犬も見られます。フィラリアに感染した犬は貧血を起こしたり、暑くもなく、運動をした訳でもないのに、呼吸が荒く、散歩を嫌うようになります。そして、フィラリアに感染した犬はは死亡に至るケースも非常に多い病気です。

フィラリア感染症の治療について

フィラリア感染症の治療方法は、病気の進行具合により様々ですが、一日も早い発見と治療が、愛犬への負担を軽くします。フィラリア感染症はほっておけば死に至る病気から救うことも、無言で苦しみに耐えている辛さから、解放してあげることもできますます。愛犬が頼れるのは、飼い主であるあなたでしかありません。フィラリアに感染していないかどうか、愛犬をよく観察してあげてください。

また、フィラリア感染症は、症状がみられてからでは、手遅れの場合も多いのですが、助かる確率も医療技術の進歩で、年々増加しています。フィラリアに感染した犬でも死期を伸ばすことも、フィラリアの症状を軽くし、愛犬を楽にしてあげる方法やフィラリアの薬もありますから、気になるフィラリアの症状や雰囲気が見られたら、獣医師にいち早く相談することをお勧めします。

フィラリア感染症の症状かどうかは獣医師の診察にゆだねるとして、愛犬が少しでも気になる行動や雰囲気を見せた時には、自分で判断せず、動物病院の受診をすることが肝心です。人間の癌と同じで、早期発見・早期治療が、愛犬を完治させ、フィラリア感染症から救うことができます。

フィラリア感染症の予防について

フィラリア感染症に一番有効なのは、予防です。これから愛犬を飼うことをお考えの方は、獣医師に相談し、適切なフィラリアの予防法を行うことをお勧めします。しっかりとフィラリアを予防すれば、その後愛犬が苦しむことも、多くの治療費をかけることもありません。愛犬にとっても、飼い主にとっても、フィラリアの予防は、とても良いことなのです。そういう意味で、愛犬が貧血を起こしたり、暑くもなく、運動をした訳でもないのに、呼吸が荒く、散歩を嫌うようになるなどフィラリアと思われる症状がでていないか毎日観察してあげることが大切です。

フィラリアの予防治療は、何よりも有効な手段ですし、フィラリア感染後でも、フィラリアが成虫になる前の段階なら、完治の確率も高く、様々なフィラリアの治療法や薬もあります。何よりも、今の愛犬の健康状態を把握し、フィラリアに感染しているかどうかを1日でも早く獣医師の診察を受けて、明確にすることが大切でしょう。思い悩んでいるだけでは、フィラリアの治療も予防もできません。室内犬だから感染しないということは、あり得ませんので、間違った情報に惑わせられないようにしてください。